埼玉県南、川口・赤羽・池袋の結婚相談所なら

ひとみパートナーズ株式会社

「カール」販売終了に見る人の心理

こんにちは!

ひとみパートナーズの森です。

3連休も今日が最終日です。

あっという間ですよね。

3連休最終日ですので、満喫してくださいね!

さて今日は、少し前のお話になりますが、
「カール」販売終了とそれにより見る
人の心理についてお話しようと思います。

5月25日に菓子大手の明治は、「カール」の
中部地方以東での販売を終了すると発表しました。

昔から親しまれ全国的に有名な「カール」ですが、
2017年8月の生産分が最後になります。

しかし、関西エリアでは地域を限定して引き続き
販売されます。

ロングセラーの商品が市場からなくなってしまうのは、
物悲しいものがあります。

私も子供の頃は、「カール」をよく食べていた記憶が
あります。

しかし、人の心理って本当に面白いものです。(笑)

「カール」販売中止が発表されると、普段「カール」を
食べていない人も急いで買って食べているのですから。(笑)

「カール」を買ってと販売している時には、消費者は買わず、
「カール」をもう売らないと発表すると、消費者は買うのです。

話は変わり、恋愛においては、「好き」と言われると、
離れたくなり、「嫌い」と言われると、近寄りたくなる。

結婚においては、親に「早く結婚しなさい」とせかされると、
したくなくなり、「まだ結婚は早い」と止められると、
したくなる。

会社においては、上司に「休むな」と命令されると、休みたくなり、
「休め」と命令されると、休みたくなくなる。

不思議ですよね...

これが人の心理というものです。(笑)

 

それでは...